稼げるキャバクラ嬢になりたいなら

すすきののキャバクラで働けば、必ず高収入を得られると勘違いをしてはいけません。売れなければお給料はお昼のお仕事よりもいただけません。ノルマ達成や自分という商品を創り上げるためにも、経費がかかりますので、赤字ということも有り得ます。売れれば、もちろん、大黒字ですけれどね。

そこで、売れるキャバクラ嬢になるためにはどうしたら良いのでしょうか?

話は簡単です。指名を取ればいいのです。

そして、指名をとるためのポイントは、はっきり言って容姿ではありません。容姿が普通でも、営業力があればいいです。

私は10代から29歳まで、キャバクラ、高級クラブでホステスをしておりました。10年以上もの間、ナンバーワンを維持し続けました。ナンバーワンには簡単に誰でもなれますが、維持し続けることこそ難しく、価値があり、稼げるのです。

営業方法はたくさんありますが、今日はその中から、誰でも簡単にできる初歩的な方法をお教えしたいと思います。

まず、フリーのお客様に着き、席を離れる時に、必ずご連絡先を聞くことです。これを徹底します。
たった一言「呼ばれてしまったのですが、よかったらご連絡先を教えていただけませんか?」です。

キャバクラ嬢をしている方は基本的にプライドが高いので、自らお客様へ聞くキャストは少ないです。お金を持っていそうで、イケメンなレアなお客様は別ですが、ちょっと面倒くさそうな方には敢えて聞かないキャストが多いです。
どんなに聞きにくそうな方でも、どんなに私に興味がなさそうな方でも、とにかく必ず聞くことです。他のキャバクラ嬢がしないことをすることに結果がついてきます。ご連絡先を聞かれて嫌な思いをする方は、ほぼいません。時には「教えるわけないだろ」とか、無視されることもあるでしょう。でも、そんなことをいちいち気にしてはいけません。そうは言っても内心喜んでいる方は結構いますよ。めげずに聞きましょう。

そしてとにかく次の日に、楽しかった、嬉しかったなどのポジティブメッセージ、そしてお客様のお名前を入れてご来店のお礼のメッセージを送りましょう。

キャバクラで稼ぐ意欲のある女性は、ぜひ、まずここから始めてみてください。応援しています。